体験談|「30代未経験」から英語を活かした仕事に転職した話

就職・転職

【オススメ】経理転職で年収200万UPした筆者も使った

>>「経理専門エージェントの「年収診断」が超リアルだった件」<<

こんにちは、キャリまが管理人の国際経理の中の人(@baticwords_bot)です。

このブログでは、30歳を過ぎてから英語の業務未経験から、英語を使う仕事に転職した僕の経験をもとに、キャリアアップの方法について発信しています。

この記事では「英語を使った仕事をしたい」と思っている人のために、実際に英語を使う仕事に転職した僕の体験談を詳細に書いてみたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

新卒で入った会社は全くのドメスティック企業だった

僕は今でこそグローバル企業で海外に住んでいる外国人相手に仕事をしていますが、新卒で最初に入った会社は、まったくのドメスティック企業でした。

転職するまで、新卒の会社にいる間は、仕事で英語を使うことなど全くなかったのです(本当です)。 

しかし、20代の後半に差し掛かってくると、漠然と「このまま日本だけで終わるのは嫌だな」「世界を相手に仕事がしてみたいな」と思うようになりました。

おそらくこの記事を読んでくれている人の中にもそういう人は多いのではないでしょうか。

しかし、思っているだけでは何も始まりません。

僕はそれから、いつか英語を使って仕事をするために、英語力を鍛えようと1人決意しました

英語力を鍛えるため独学で勉強

英語力を鍛えるといっても、上にも書いた通り、仕事で英語を使う機会はありません。必然的に、仕事の外で英語を使う機会を持つしかありませんでした。 

やっぱりまずはTOEIC 

そこで最初に手をつけたのがTOEICです。 

やはりビジネス英語といえばTOEICというイメージがありましたし、点数として目に見えて進歩が見えるのも取っ付きやすいポイントでした。

転職してみて思いますが、やはりTOEICのスコアは転職活動では非常に評価されますから、英語を使う仕事をしたいと思っている人は、TOEICのハイスコアは必ず取得した方が良いでしょう。

ちなみに僕は転職前に850点を取得していました。

何もしなければいつまで経っても「未経験」のまま

TOEICが転職で評価されることは間違いありませんが、それ以上に重視されるのがやはり「経験」ですね。

基本的に、英語を使う求人では、「英語を使った業務○年以上」といった条件が付いているのが普通です。

しかしそれでは、全くのドメスティック企業に就職してしまった僕は、いつまで経っても英語を使う仕事に挑戦することが出来ません。

そこで僕は、少しでもアピールできるように、仕事以外の場で英語を使う経験を持つようにしました。

具体的には、地域の英会話サークルに参加したり、オーストラリアからのホームステイのホストファミリーをしたり、ということでした。

これらの経験は、次の章で紹介する転職活動の面接でも評価され、結果的に未経験でもバリバリの英語を使う仕事に転職することが出来たのです。

転職活動|グローバル転職の強い味方

ここまで、新卒で入った全くのドメスティック企業で働きながら、どのように独学で英語力を鍛えてきたかについて書いてきました。

しかし当然ながら、その会社にいる以上、いつまでも英語を活かした仕事をする機会はやってきません。

英語を使って仕事をするには、転職する必要があったのです

そこで僕は、英語を勉強しながら、転職エージェントに通って転職活動をはじめました。

ハッキリ言ってしまえば、僕がこうして未経験から英語を使う仕事に転職することが出来たのは、お世話になっていた転職エージェントのおかげといっても過言ではありません。

ちなみにそのエージェントは「JACリクルートメント」というエージェントで、外資やグローバルの転職に強いという評判を聞いていました。

実際その評判は本当で、未経験の自分にも、いくつかのグローバル求人を紹介してくれました。 

また、普通、転職エージェントというのは、求職者をカウンセリングをする担当者と、企業に営業に行って求人をとってくる担当者が分かれているのが一般的なのですが、JACリクルートメントについては、その担当が一人二役になっています。

そのため、求人ごとに違ったエージェントとやり取りする必要があるのですが、各エージェントは企業の人事部や、求人を出している部署の担当者と実際に会っているため、非常に濃い情報を聞き出すことができました。

これは他のエージェントにはない特徴で、僕と同じように、英語を活かした転職をしたいと思っている人には自信を持ってオススメします

JACリクートメントについては下記の記事でも詳しく書いているので、興味のある方は参考にしてください↓

関連記事:JACリクルートメントの評判「グローバルに強い」は本当か?僕のリアルな体験談をすべて語ります

まとめ|英語を活かす転職のコツ

というわけで、こうして僕は30代未経験の状態から、英語を使う仕事に転職できたわけです。

今では毎日のように外国とやり取りし、年に何回かは海外出張にも行っています。

英語を使う求人は、経験年数が条件になっていたりすることもありますが、僕のように、仕事以外の経験をアピールすることも可能です。

また、日系企業ではなんと言ってもTOEICのが高く評価されることは間違いありません。

TOEICは、やる気さえあれば誰でもハイスコアを狙うことができます。やらない理由はありません。

あと自分の場合は、腕の良い転職エージェントに巡り合えたことですね。

結局、運の要素もあったのかも知れませんが、運をモノにできるのも努力の結果だと思っています。

僕にもできたのですから、皆さんにもできるはずです。

この記事が皆さんの参考になれば嬉しいです。

それでは、国際経理の中の人(@baticwords_bot)でした。 

次に読む:JACリクルートメントの評判「グローバルに強い」は本当か?僕のリアルな体験談をすべて語ります

タイトルとURLをコピーしました